#台本
季刊「高校演劇」    掲載戯曲目録 3
目録1 ★1-65号 目録2 ★66-107号 目録3 ★108-177号
目録4 ★178号 -222 目録5 ★223号 -  
1991~2004(108号~177号)
■No.108 (1991.冬)
石 山 浩一郎 杏(あんず) (男2女6)
岩崎京子 原作
「久留米がすりのうた」より
若 林 一 男 勇気りんりん鈴の音 (男6女3)
やまもとけいぞう ドラ太の長い夏休み (男2女6)
西 沢 周 市 青春グラフィティー       (女7)
▽同人随想▽    
窪   邦 雄 観念劇といわれて  
-全国アマチュア演劇大会のこと-
山 口 けい子 短いようで、長いお話  
     
■No.109 (1991.春)
佐 々 俊 之 レポート「東京俳優学校」 (男9女8)
-男女共学異聞
山 県   久 斑鳩宮(いがるがのみや) (男9女8)
松 本 和 子 母よ、乳母車を押せ (女12)
神 宮 茂十郎 おふく (女8)
▽同人随想▽    
西之園 至 郎 随感二題  
     
■No.110 (1991.夏)
一 柳 俊 邦    踊子-朗読劇への試み- (男2女3)
阪 本 龍 夫  空かけて、プリズム色 (男6女7他)
清 野 和 男 Tabidachi-出・発- (男9女2)
川 名 又 一 跫(あしおと) (男2女7)
▽同人随想▽    
本 山 節 彌 全国大会初出場の頃  
浅 香 寿 穂 観せるとは  
 
■No.111 (1991.香川大会特集)
潮 田   忍 STEFANIE (女10)
-ステファニィ-
やまもとけいぞう 遊びの時間 (男2女7)
伊 藤 隆 弘 がんぎものがたり (男6女13)
安 東 達 夫 流氷とけて (男25女15)
重 光   透 平成のふしぎなふしぎなお話 (男1女12)
さくら ももと ざっと・いず・ざ・くえすちょん (男2女4)
大 崎 浩 一 紅梅 (男7女12)
窪   邦 雄 ヒトよ、永遠(とわ)の命を (女14)
湯本高校演劇部 俺たちの秋 (男5女5)
宮 本 星 美 WILL (女21)
     
■No.112 (1991.秋)
北 野   茨 GIVE  ME  FIVE (男1女4)
吉 田 美 彦 OZに会えたら (男4女6)
横 澤 信 夫 だるまさんがころんだ (男2女4)
鈴 木 俊 裕 鉛筆下さい (女6)
女3男3でも可
▽同人随想▽    
山 口 武 信 似非同人の随想  
野 辺 由 郎 ないしょ話  
     
■No.113 (1992.冬)
土 屋 弘 光 ある旅立ち-ボランティア- (男9女2)
久保田 邦 明 ガラスの適合装置(アダプター) (男15)
小 山 賢 治 SEED-地球再生神話- (男6女7)
まつお ただお 春日家の人々 (女16)
▽同人随想▽    
内 木 文 英    国立劇場に出演した私の背広  
森 瀬 高 明 ただ今休火山  
     
■No.114 (1992.春)
伊 藤 隆 弘 せいくらべじぞう (男5女10)
近 江 正 人 ステージ・カウンセリング (男5女6)
西 沢 周 市 JAPAN  AID (女11)
-今、日本があぶない-
若 林 一 男 だるまさんがとんだ (男6女3)
▽同人随想▽    
町 井 陽 子 ギリシャにて  
-わがヒロインのふるさと-  
松 本 和 子 まとふはおのが  ひかりのみ  
     
■No.115 (1992.夏)
清 野 和 男 星砂 (男4女4)
阿 部   順 夏の思い出  パートⅡ (男3女8)
小 寺 隆 韶、 仰げば尊し (男6女9)
川 口 正 人
黒 羽 英 二 冥府廻廊 (男3女6)
▽弔辞▽    
坊 丸 一 平 弔辞(米本一夫先生)  
▽同人随想▽    
中 澤 武 志 米本先生のこと  
     
■No.116 (1992.沖縄大会特集)  
谷 崎 淳 子 あの、小さな一歩 (男4女15)
城北高校演劇部 NOISY  MINORITIES (女8)
-冗蔔高校演劇同好会始末記-
青 井 哲 博 TRUE  MOON (男10)
石 原 哲 也 それぞれに如月 (男6女3)
松戸東高校演劇部 遠くの君を見失うことなく (男8女17)
前 崎 寿美代 春の小川はさらさらいくよ (女15)
宝塚高校演劇部 いいものはローソンから (男6女8)
     
■No.117 (1992.秋)
大久保   寛 空蝉(うつせみ)の命を惜しみ (男6女6)
吉 田 美 彦 犀~思い出のコウイチロウ君へ~ (男1女4)
やまもとけいぞう わたしはグリーン (男2女6)
-見えない壁、見えない心-
結 城   翼 i…ただ一日のその夏の日 (男7女3)
▽同人随想▽    
水 川 裕 雄 猫のことなど  
土 屋 弘 光 生命の躍動  
-行方薫先生のこと-  
     
■No.118 (1993.冬)
洲 浜 昌 三 星空の卒業式 (男1女7)
影 山 吉 則 山は燃えている (男12女19)
後藤竜二原作
「ボタ山は燃えている」より
野 辺 由 郎 お芝居の作り方  パート I ・Ⅱ (男1女4)
坊 丸 一 平 じゅえむ出世 (男13女6)
▽同人随想▽    
森   一 生 人は時代の環境から  
 のがれるわけにはいかない  
森   治 美 暑く、熱い夏  
     
■No.119 (1993.春)
きたみざかゆうぞう こもれ陽のなかで (男2女7)
高 森   章  第二病棟の朝 (女11)
市 村 益 宏 フレーミング (男6女7)
町 井 陽 子 グレーモルキン (男2女4)
-マクベス幻想-
▽同人随想▽    
松 尾   孚 再会  
石 原 直 也 濃密で稀薄な関係  
     
■No.120 (1993.夏)
篠 崎 隆 雄 教言パートⅤ (男3女5)
斎 藤 泰 弘 飛びます³ (男1女4)
(とびます とびます とびます)
さくら ももと はっぴい物語 (女8他)
伊 藤 隆 弘 あまんじゃく (男6女7)
▽同人随想▽    
鈴 木 俊 裕 来たるべき日のゴジラ  
     
■No.121 (1993.埼玉大会特集)
岩 間 貴 子 今、見えない声が聞こえる  
川 村   節 死電区間   
阪 本 龍 夫  シャウト!  
~僕が僕であるために  
橋 田 志乃舞    
土 田 峰 人 アニータ・ローベルの  
「じゃがいもかあさん」  
-原作アニータ・ローベル  
  訳 今江祥智より  
若 林 一 男 今日もいい天気  
やまもとけいぞう 少年王は夜旅立つ  
西 沢 周 市 ブルースがきこえる  
-オートバイにとじこめた夏-  
高 野 憲 義、 必要なもの  
野 村 由貴江  
     
■No.122 (1993.秋)
柳 本   博 黄金時代 (男9)
清 野 和 男 SHADOW  PICTUR (男2女3他)
-影絵-
川 口 正 人 どりぃむ・らんど (男9)
窪   邦 雄 サチ -十八歳の自画像 (女6他)
▽同人随想▽    
横 澤 信 夫 深みに澱むもの  
     
■No.123 (1994.冬)
米 永 道 裕 斑馬の嘶き-別れゆく馬- (男2女7他)
近 江 正 人 緑のレクイエム (男12女6)
重 光   透 チャリティー (男1女15)
谷 崎 淳 子 めまい (男14女14)
▽同人随想▽    
内 木 文 英 村瀬幸子さんのこと  
阪 本 龍 夫 ぐるっと一廻り  
12年目の全国大会  
     
■No.124 (1994.春)
久保田 邦 明 洪水のあと (男10)
広 野 安 人 I’m    cat (男4女6)
山 本 耕 平 いつか僕らは年寄りだ (男6女11)
北 野   茨 オフィーリアなんか知らない (女15他)
▽同人随想▽    
本 山 節 彌    胃癌  
     
■No.125 (1994.夏)
伊 藤 隆 弘 おばあちゃんは運転手 (男5女6他)
篠 崎 隆 雄 (合)通知はお早目に (男2女8)
野 辺 由 郎 オグリ転生 (女5)
-花・ヴァリエイション・桜(Ⅱ)
若 林 一 男 ペンギン村の憂欝 (男8女4)
▽同人随想▽    
柳 本   博 センス・オブ・ワンダー  
     
■No.126 (1994.愛媛大会特集)
佐野洋子 原作、 100万回生きたねこ (男16女30)
土田峰人 脚色
長崎純心女子 ばってん、人生よかもんばい (女7)
高校演劇部
やまもとけいぞう 完成版  ドラ太の長い夏休み (男1女6)
森   一 生 スタルヒンと投げあった男 (女25)
重 光   透 なんてすてきに梓弓 (女21)
村 上   修 The Toddler、Frankenstein (女11)
石 原 哲 也 俺たちの甲子園 (男3女7)
     
■No.127 (1994.秋)
西 沢 周 市  DEAR  FRIEND (女10)
-バスケットにかけた青春- 
高 森   章 遠い霧笛 (男2女7)
結 城   翼 飛ぶ教室 (男3女7)
きさらぎ  優 ドアの向こうに (女9)
▽同人随想▽    
窪   邦 雄    カナダで『灯の河に』上演  
リバプール国際演劇祭参加報告  
     
■No.128 (1995.冬)
市 村 益 宏 LONG  GOODーBYE  (男6女9)
望 月   羚 ひとり芝居    るるてんてん (女1)
近 江 正 人 ざんざ~風と星のまつり (男12女6)
まつお ただお おーい、賢治さん! (女30)
水仙月の四日と卯月の八日
▽同人随想▽    
石 原 哲 也 今年は夏が二度あった  
     
■No.129 (1995.春)
黒 羽 英 二  桜の花の咲く頃は (女2)
-極私的パロディまんざい-
赤 間 幸 人 満月だよ!チャーリー  (女6)
安 部 雅 弘 ぐっど・ないと・ソング   (男6女5)
斎 藤 泰 弘 カルビーのかっぱえびせん (男1女6)
▽同人随想▽    
内 木 文 英 勲章をもらった話  
▽読後感▽    
三 原 昇 三 読後感二題  
-到着開封一番読み-
     
■No.130 (1995.夏)
小 山 賢 治 消えたビー玉  (男4女3他)
-私にとっての戦争-
田 中 清 文 懇切丁寧国文法入門 (男5女2他)
安 部 いさむ 現代男性学概論 (女9)
伊 藤 隆 弘 河口の家『川文』 (男5女5)
▽同人随想▽    
よしやま のぼる 震災をのりこえて舞台はつづく   
~兵庫県阪神地区からの報告  
まつお ただお 地震やと次に思った  
▽読後感▽    
井 関 義 久 129号楽しく読みました  
     
■No.131 (1995.新潟大会特集)
やまもとけいぞう 海に降る雪       (男3女6)
香 月 麻友子 オルゴール (女5)
田 中 雄 太 ゆうたっちょの中学生絵日記 (男7女2)
伊丹孝利 原作、  大空に駆けるとき (男5女4)
長岡大手演劇部 脚色 
山 口 真知子、 コトコトと3/4 (女2)
前 川 和香奈
八王子高校演劇部 AIDS  (男7女8)
~HELLO YOUNG LOVERS~
ミース・バウハウス原作、 トミーが三歳になった日 (男15女11)
影山吉則 脚色
久保田 邦 明 新しき朝のおとずれ (男16)
山内弘行、秦 英樹 烏の北斗七星 (男9女15)
-宮沢賢治の作品より-   
     
■No.132 (1995.秋)
洲 浜 昌 三 ぼくたちの戦争 (男1女6)
若 林 一 男 おまけの風景 (男5女5)
西 沢 美 佳 一瞬(とき)はガラス細工のように (男2女2)
広 野 安 人 海辺にて (男2女9)
▽同人随想▽    
中 澤 武 志 芝居が書けなくなった理由(わけ)  
影 山 吉 則 伊達緑丘高校の一番長い夏  
▽読後感▽    
石 原 哲 也 130号「懇切丁寧国文法入門」を読んで
     
■No.133 (1996.冬)
結 城   翼 第三ラジオ体操の夏 (男4女2他)
宮 本 浩 司 マ リ  (女11)
岡 部   敦  演劇部物語 (男1女7)
きたみざかゆうぞう 語り劇  林檎の想い (男6女8他)
-元憲兵・島津酉二良さんの
  戦争体験から- 
▽同人随想▽    
阿 坂 卯一郎    「鎮魂」について  
黒 羽 英 二 オウム真理教事件とは
何であったのか、何であり続けるのか
市 村 益 宏    「スペース・ゼロ
関東高校演劇サマーフェスティバル」のこと
▽読後感▽    
きさらぎ  優 132号の四編を読んで  
     
■No.134 (1996.春)
西 沢 周 市 ディア・フレンド (女7)
~こもれびの中で~
高 森   章 黒土は遥か (男3女11他)
菅 原 貴 人 むちのち    (男1女5他)
~汝自身の内なる声に~
石 原 哲 也 三人家族 (男7女7他)
▽同人随想▽    
佐 々 俊 之 男と女の領域  
-なぜ男役をやるのか-  
▽読後感▽    
福 田   薫 133号作品感想  
▽弔辞▽    
佐 々 俊 之 同人二人の死(榊原政常先生、石原直也先生)
     
■No.135 (1996.夏)
清 水 能千生 十番の行進曲 (男5女6)
きさらぎ  優 BURIAL (女6)
高 木 豊 平 セピアではなく (男2女14)
吉 田 美 彦 ストロング (男6女3)
▽同人随想▽    
豊   博 秋 断簡・榊原政常  
内 木 文 英    榊原政常先生のこと  
町 井 陽 子    思い出いろいろ  
▽読後感▽    
宮 本 浩 司    134号感想  
     
■No.136 (1996.北海道大会特集)
伊 藤 靖 之 僕らはみんな生きている  
共愛学園演劇部   KANATA  
本山 節彌 作、 どさんこ花子  
森 一生 潤色  
北 野   茨    うるわしのカレーライス  
町田知子 原作、 十七歳のオルゴール  
秋元正紀 作、     
大 原 克 之     牛が拓く  
滝 高校演劇部  『かぐや姫  異聞』  
大 谷 雄 大 屋上から見える空  
前 田 真奈美 青い街  
依 田 明 子、 風愁(かぜ)  
小 杉 友 恵 -遠い約束-  
谷 崎 淳 子   手の中の宇宙  
     
■No.137 (1996.秋)
篠 崎 隆 雄 お助け倶楽部繁盛記 (男7女8)
村 元   督 プール・プール (男7女5)
大 島 英 夫 私の花子は夜が好き (男5女4)
清 野 和 男 約束 (男8女3)
▽同人随想▽    
榊 原 政 常  愚感一束  
-芝居好きの友へ-
森   一 生    第42回全国大会  
(北海道大会)を終って
坊 丸 一 平 高校演劇のサイズ  
▽読後感▽    
浅 香 寿 穂    135号感想  
     
■No.138 (1997.冬)
大久保   寛、     雲(いわしぐも)   (男3女6)
国 分 束 子
田 中 清 文 また旅に出る桃太郎 (男4女3他)
おいかわさちえ 原作、 小さな花壇の物語 (男9女8他)
影山吉則 脚色 「なぜタミばあちゃんはボケたか」より
町 井 陽 子 あなた  あたし  さよなら (男3女6)
▽同人随想▽    
榊 原 政 常 愚感一束(二)  
-芝居好きの友へ-
杉 山 三 郎 中国観劇記  
柳 本   博 高校生とつくるとき、  
 プロと演るとき  
▽読後感▽    
木 山 雄 三 137号感想  
     
■No.139 (1997.春)
水 川 裕 雄 四匹の蛙 (男5)
安 部 雅 浩 三十年後の私へ (男5女6)
近 江 正 人 河にかかる虹 (男2女6)
若 林 一 男 排反する風景 (男3女4)
▽同人随想▽    
榊 原 政 常    愚感一束(三)  
 -芝居好きの友へ-  
岡 部   淳 テレビの影響?  
菅 原 貴 人 真夜中にベルがなる  
-高校と演劇と教育と  
▽読後感▽    
森 瀬 高 明 138号感想  
     
■No.140 (1997.夏)
古 谷 泰 三 ミッキー風船は耳からしぼむ (男3女3)
阪 本 龍 夫  ひまわりの誓い (男9女10)
かさね ひかり コップの中の嵐 (女9)
谷 崎 淳 子 とどかない季節 (男8女8)
▽同人随想▽    
榊 原 政 常    愚感一束(四)  
 -芝居好きの友へ-  
内 木 文 英    韓国国立芸術大学演劇院を訪問して
西之園 至 郎    飛鳥の采女たち  
▽読後感▽    
前小路   順 139号雑感  
     
■No.141 (1997年  奈良大会特集)
共愛学園演劇部   Rain・Dance  
伊 藤 隆 弘 富士に似た島  
水 野 陽 子 破稿(やぶれこう)  
  銀河鉄道の夜  
音喜多 由記子 沈黙の陽炎  
平城高校演劇部   Perch  
 -とまり木-  
市 村 益 宏 千里だって走っちゃう  
紋 田 正 博 デスク・ショック  
一宮高校演劇部 男でしょ!  
池田 幸生作、    
高原 明子潤色  
石 原 哲 也 ある午後  
-モーニングサービスより-  
     
■No.142 (1997.秋)
北 野   茨 ミュージカル (女2他)
サマーバレンタイン
山本おさむ原作、 わが指のオーケストラ (男9女6)
泉 慈恵 脚色  
堀 江 辰 男 ディゴの紅い花 (男2女8他)
沖縄チビチリガマの戦争
結 城   翼 天気輪の森の物語 (男1女1)
「銀河鉄道の夜」より
▽同人随想▽    
榊 原 政 常    愚感一束(五)  
 -芝居好きの友へ-  
横 澤 信 夫 私の講評メモからの抜粋  
池 田 幸 生 虹の夢  虹の思い出  
▽読後感▽    
山 口 けい子  140号  
     
■No.143 (1998.冬)
石 山 浩一郎 女 ふたり芝居 嘆きのサンバ  
…懺悔の値打もない、 (女2)
 とある産婆さんの懺悔録より…  
秋 元 正 紀 ILLUSION (男4女2他)
芳 谷 大 介 融(トオル)       (女3)<男3も可>
安 部 いさむ トンネルの向こうの春日(かすが) (女6)
▽同人随想▽    
森   一 生 暗さのもつ豊かさ  
-劇中の若者考-  
荒 木 辰 哉 新しい芝居づくり? の始まり  
▽読後感▽    
熊 谷 邦 夫 142号  
     
■No.144 (1998.春)
阿 部   順 ステイ・ヤング (男13女6)
山 崎 公 博 待ちの風景 (男1女1)
広 野 安 人 虹の色 (男2女4)
宮 本 星 美 YELL (女6)
▽同人随想▽    
榊 原 政 常    愚感一束(六)  
-芝居好きの友へ-
吉 田 美 彦    演劇をさぼるな!  
伊 藤 隆 弘    座付作者「ヒロシマ舟入」の30年  
▽読後感▽    
加 藤 逸 雄 143号  
     
■No.145 (1998.夏)
洲 浜 昌 三 峠の食堂 (男3女5)
中 澤 武 志 夢みる放課後 (女4)
清 野 和 男 風きる音 (男4女9)
赤 間 幸 人 父さんいっしょの地中海 (男1女2)
▽同人随想▽    
榊 原 政 常    愚感一束(七)  
 -芝居好きの友へ-  
阪 本 龍 夫 仲間としての視点  
大 谷 駿 雄  第一回千葉大会  
そして山形大会  
▽読後感▽    
田 口 孝太郎 144号雑感  
     
■No.146 (1998.鳥取大会特集)
畠 田 恭 子、 たんぽぽとかずのこ  
塚 原 政 司  
近 藤 理 恵、 白の揺れる場所  
古 田 彰 信  
岐阜農林高校演劇部 実(みのり)  
-僕が水をくれるのを-  
恵比須   平 割腹自殺(仮)  
かっぷくじさつ  かっこかり  
小松美保 作、 沈黙の夏  
鈴峯女子高校演劇部 潤色  
高 木 豊 平 せせらぎはいつも  
合 田 一 道 原作、 裂けた岬  
森   一 生 脚色 -「ひかりごけ」の狭間で-  
尾 松   藍 オアシス物語-愛は限りなく-  
     
■No.147 (1998.秋)
清 水 能千生 きよしのスニーカーブルース  (男5女8)
黒 瀬 貴 之、 おほしさま  かいて! (男2女2他)
山 内 弘 行  エリック・カール 原作
   佐野 洋子 訳
   「おほしさま  かいて!」
   (偕成社)より    
村 元   督 夏に押されて             (男5女7)
高 瀬 邦 一 よしお                   (男3女2)
▽同人随想▽    
榊 原 政 常 愚感一束(八)  
-芝居好きの友へ-  
黒 羽 英 二 神戸連続児童殺傷事件と私  
土 田 峰 人    鳥取でヘレン・ケラー  
▽読後感▽    
望 月   羚 145号雑感  
     
■No.148 (1999.冬)
古 谷 泰 三 のぞく・はいる・ほる (男2女3)
伊 藤 弘 成 いのち~ヌチドゥティーチ~ (女9)
宮 本 浩 司 ガーデン (女4)
椎 名   鯛 神話迷宮-僕を待っていた僕- (男9女13)
▽同人随想▽    
内 木 文 英 伊東潤二さんのこと  
赤 間 幸 人 高校演劇の「よき所」  
三 原 昇 三    おひい様の贈物  
▽読後感▽    
田 中   裕 147号  読後感  
     
■No.149 (1999.春)
石 原 哲 也 シャドー・ボクシング (男5女4)
柳 本   博 1億分の1 (男7)
堀 江 辰 男 イカロスたちの詩 (男8女11)
伊 藤 隆 弘 『あたら  さくらの、…』 (男4女11)
▽弔辞▽    
窪   邦 雄 広野安人君の死を悼む  
▽同人随想▽    
榊 原 政 常    愚感一束(九)  
-芝居好きの友へ-  
篠 崎 隆 雄    神奈川県高校演劇顧問事情  
中 沢 晋 也 サングラスをかけた顔写真  
▽読後感▽    
岡 部   敦 148号  読後感  
     
■No.150 (1999.夏)
池 田 幸 生 クラッチ (男6女9)
阿 部   順 薬園台の国語数学理科社会 (男10女10他)
きさらぎ  優 れ・も・ん (女7)
久保田 和 弘 殉空のはてに (男14女2)
▽読後感▽    
江 藤 志 津 149号  
▽150号記念▽  
150字同人随想  
季刊「高校演劇」掲載作品一覧(第1号~第150号)
季刊「高校演劇」小史    
     
■No.151 (1999.山形大会特集)  
石 原 哲 也    停学の名人  
土 田 峰 人    私のヘレン  
白 石 和 行、 老人クラブⅢ  
熊本信愛女学院高校演劇部 -そしてババアたちへ-  
内田小百合原案、 逆説人生セミナー  
日下部光穂脚本  
飯 塚 のり子    はしご  
螺子頭 斬 蔵  Blowin' in  the  wind  
-ヘンゼルとグレーテル-
畑 澤 聖 悟 生徒総会  
加 藤   隆 學びの庭に集い来て  
小 林 洋 貴    {∫i }  
井 内 有 紀    甘い誘惑  
-はじらい乙女のはらわた物語-  
須藤田鶴子原案、 THE  高校生戯曲  
山形高校映画演劇研究部・  
生徒顧問保護者脚色  
本山 節彌 作、 赤どじょう  
岡崎 晧 潤色  
県立日高高校演劇部   女子高校生症候群  
原 祐治 HANDY  PHONE らぷそでい  
with 半商演劇部 
       
     
■No.152 (1999.秋)
北 野   茨 もしぼくが君を傷つけたのなら (男2女4他)
青 山 一 也 生きててやるんだ、ありがたく思え (男4女5他)
市 村 益 宏 グリーン・ホーン (男8女5他)
安 部 いさむ オトコが欲しい! (女12)
&メビウスガールズ
▽同人随想▽    
榊 原 政 常    愚感一束(十)  
-芝居好きの友へ-  
西 田 秀 秋  戯曲『磔茂左衛門』を創り上げるまで
 -生徒の実人生を問い直す
     高校演劇を目指す
▽読後感▽    
黒 瀬 貴 之 150号  
     
■No.153 (2000.冬)
大 原 克 己 綱を引く (男4女9)
中 村   勉 FAR! (女3)
久保田 邦 明 窓をあけて (男2女8)
谷 崎 淳 子 弱い雨 (男6女6)
▽同人随想▽    
榊 原 政 常 愚感一束(十一)  
-芝居好きの友へ-  
内 木 文 英 真夜中の太陽  
-北極圏トロムソ(ノルウエー)での  
 アシテジ(国際児童青少年演劇協会)世界大会に出席して-
▽読後感▽    
三 原 昇 三 152号  
     
■No.154 (2000.春)
斎 藤 泰 弘 short  HOPE (女7)
望 月   羚 雨の街、夜の部屋 (男3女3)
山 崎 公 博 ひまわり (男3女5)
安 部 雅 浩 スイッチ (男6女6)
▽弔辞▽    
内 木 文 英   博秋先生の死を悼む  
▽読後感▽       
篠 崎 隆 雄   153号  
     
■No.155 (2000.夏)
乳 井 有 史    風渡る (男3女10他)
岡 部   敦 本日も晴天なり (男3女6)
菅 原 貴 人 ぐだふたぬん  あんど (男3女2他)
 めりぃくりすます
やまもとけいぞう さようなら私の夢 (女4)
▽同人随想▽    
佐 々 俊 之 豊先生いかがですか  
▽読後感▽    
石 山 浩一郎    154号  
     
■No.156 (2000.静岡大会特集)
窪   邦 雄 唄のある風景  
大 垣 ヤスシ ジャンバラヤ  
谷 崎 淳 子 いつか僕をさがして  
土 田 峰 人 山 姥  
瀧   源 作 高校羅刹門  
曽我部 マコト ホット・チョコレート  
いしい みちこ そして夕日は、  
いつかぼくらの放課後を照らす  
大 原 克 之   THEATER  ”BABA“  
永山  祐介 作、 好色十六歳男  
五ノ井幹也 潤色 Koushyoku Irotuki Otoko
     
■No.157 (2000.秋)
赤 間 幸 人 コンスタントいこう (男2女5)
阪 本 龍 夫  冬のひまわり (男8女11)
~クリスマスセレナーデ~
洲 浜 昌 三 また夏がきて (男2女4)
西 沢 美 佳 クラスメート (男8女3他)
▽同人随想▽    
榊 原 政 常    愚感一束(十二)  
-芝居好きの友へ-  
▽弔辞▽    
内 木 文 英    弔辞(阿坂卯一郎先生)  
佐 々 俊 之    高校演劇の父逝く  
▽読後感▽    
関 河   惇 155号  
     
■No.158 (2001.冬)
石 原 哲 也 ちゃぶ台の詩 (男4女4)
結 城   翼 霖雨の門 (男1女1)
-芥川龍之介原作「羅生門」より
柳 本   博 シャイン・オア・シャドー (男10)
坊 丸 一 平 新・絵本西遊記 (男8女5)
▽同人随想▽    
内 木 文 英    新しい世紀のはじまり  
ー学校教育に演劇をー  
菅 村 敬次郎    ドラマのモデル  
▽読後感▽    
窪   邦 雄 157号  
     
■No.159 (2001.春)
大 垣 ヤスシ 青春のススメ!! (男5女2他)
-Half Boiled Eggs
中 村   勉 風の送り (男1女1)
伊 藤 弘 成 ちょっと高校生 (男2女9他)
安 部 いさむ 女や~めた! (女7)
& メビウスガールズ  
▽同人随想▽    
古 谷 泰 三    脚本を書くということ  
▽読後感▽    
市 川   康 158号  
     
■No.160 (2001.夏)
高 島 克 明、 洞窟にて (女10)
米 永 道 裕
村 元   督 風に立つ人よ (男5女5)
きさらぎ  優 未来・未来・未来 (女10)
-時空の彼方から-
青 山 一 也 ごはんの時間2ぃ (男2女5)
▽同人随想▽    
北 野   茨 茨のこの1年  
▽読後感▽    
加 藤 逸 雄    「イケてる顧問の芝居の条件」
  (158号の「同人随想」にシンクロして)
     
■No.161 (2001.福岡大会特集)
岡 村 寛 子 私場所  
廣 井 直 子 ぼくんち  
相 澤 真 美、 BANKA  
古川女子高校演劇部  
加 藤 多 一 原作、 はるふぶき  
影 山 吉 則 脚色  
阿 部   順 やっぱりパパイヤ  
ふかみ ゆゆな hush!!  
入 江 郁 美 ばななな夜 -Bananana Night-  
越 智   優 七人の部長  
塚 原 政 司 坂道と夏の日  
     
■No.162 (2001.秋)
安 部 雅 浩 151.8 (男2女4)
黒 瀬 貴 之 時計物語 (男2女15他)
望 月   羚 サヨナラは小さな声で(履歴書) (男1)
近 江 正 人 TREE  IS  WALKING (男4女7他)
~樹の歩み~
▽弔辞▽    
岡 部   淳 斎藤義勝先生の死を悼む  
▽同人随想▽    
田 中 清 人 極めて私的な全国大会  
▽読後感▽    
前小路   順 160号  
     
■No.163 (2002.冬)
秋 元 正 紀 和志の家族 (男5女5)
宮 本 星 美 虹の時間 (女7他)
中 川   正 (男6女9)
篠 崎 隆 雄 日本の幽霊 (男3女7)
▽同人随想▽    
内 木 文 英    「文化芸術新興基本法案」について  
林   昌 次    逆説的なきっかけ  
▽読後感▽    
熊 谷 邦 夫    162号  
     
■No.164 (2002.春)
大 島 英 夫 ピーター・パンプキン (男1女3)
上 田 美 和 トシドンの放課後 (男1女2)
清 水 のちお 鈴木さんちの結婚記念日 (男3女2)
土 田 峰 人 響き (男5女13他)
▽同人随想▽    
橋 本 栄 子    このごろ思うこと  
浅 香 寿 穂    高校の演劇がおもしろい  
▽読後感▽    
岡 部   敦 163号  
     
■No.165 (2002.夏)
若 林 一 男 スメル・オブ・ファミリー (男4女4)
柳 澤   学 時を歌舞きし者たち (男16女17)
中 村   勉 ACT・緑の地球を救え (男1女4)
さくら ももと いつかのクラス通信 (男4女7)
▽同人随想▽    
本 山 節 彌    あの時  
塚 原 政 司   北と南の姉妹演劇部  
・池田高校全国へ!  
▽読後感▽    
田 口 孝太郎    164号  
     
■No.166 (2002.神奈川大会特集)
滝   源 作 いってきます!  
泉拓通・片桐浩之・新井繁 原案、 今夜はすき焼き(仮)  
新井  繁 作  
稲 垣 朋 恵 生きっぷし  
白 壁   裕 フラスコ・ロケット  
石 原 哲 也 チェンジ・ザ・ワールド  
紋田正博 構成 まじめにヤレ  
阿 部   順 桜井家の掟  
~The Rules of Sakurais~  
原 澤 毅 一 恐ろしい箱  
     
■No.167 (2002.秋)
大 垣 裕 史  交番へ行こう                 (男6女6、小学生
 ・他通行人)
岡 部   敦 I am a little girl. (女5)
越 智   優 夏芙蓉 (女5)
安 部 雅 浩 アスタリスク (男3女4)
▽同人随想▽    
窪   邦 雄    全米高校演劇祭を見る  
三 上   実 2002年の夏はやはり暑かった  
~神奈川大会を振り返って~  
▽読後感▽    
江 藤 志 津 165号  
     
■No.168 (2003.冬)
安 部 いさむ メールでGO! (女5)
佐 藤 かおる ごそつぎょう (男3女4)
久保田 邦 明 忘れかけた子守唄-母に捧ぐ (男1女7他)
タカハシナオコ 白犬伝~ある成田物語~ (男2女5)
▽同人随想▽    
内 木 文 英    表と裏  
石 原 哲 也    大きな月と田辺のこと  
▽読後感▽    
市 村 益 宏    167号  
     
■No.169 (2003.春)
黒 瀬 貴 之 月までとどくはしご (男4女12他)
きさらぎ  優 だいっきらーいっ!! (男2女4)
島 元   要 出停記念日 (女5)
曽我部 マコト パヴァーヌ (女6)
▽同人随想▽    
内 木 文 英 福田薫先生が逝去された  
三 原 昇 三 温容をまぶたに  
▽読後感▽    
柳 澤   学 168号  
     
■No.170 (2003.夏)
村 元   督 海の盆歌 (男5女3)
清 野 和 男、 襷(たすき) (男8女4他)
井 澤 真奈美
乳 井 有 史 3ピリ (男5女4他)
やまもとけいぞう シュガーレス (男2女6)
▽同人随想▽    
関 河   惇 みちのく便り  
▽読後感▽    
古 谷 泰 三 169号  
     
■No.171 (2003.福井大会特集)
後藤竜二 原作、 りんごの木  
影山吉則 脚色  
阿 部   順 Leaving School  
~振り返ることなく、胸をはって~  
松 永 安 芸 美術室より 愛を込めて  
中屋敷 法 仁 贋作マクベス  
十 時 直 子 愛すべき蛙たち  
赤 嶺 陽 子 クラゲクライシス  
佐 藤 奈 苗 どよ雨(う)びは晴(は)れ  
亀 尾 佳 宏 ぽっくりさん  
北陸高等学校演劇部 心の向こうに  
創作スタッフ  
with 清水康江  
佐 倉 さくら、 し こ み  
小 林 照 明 ~おいしいラーメンの作り方~  
     
■No.172 (2003.秋)
米 永 道 裕 踊る平岸高校! (男8女14)
~ウルトラマンより愛を込めて~
清 水 のちお オセ、オセ、オウセ (男1女1)
~お兄ちゃん、
 きっと恐竜生まれるよ~
齋 藤 卓 己 朝焼けだけが (男7女1)
わかってくれた
篠 崎 隆 雄 教 言 Ⅳ (男6女11)
▽同人随想▽    
森 瀬 高 明 「福井」から  
本 山 節 彌 榊原政常さんと私  
▽読後感▽    
阪 本 龍 夫 170号  
     
■No.173 (2004.冬)
土 田 峰 人 あの人にわたせ (男3女5他)
迦 陵 頻 伽  Click・Click(クリック・クリック) (男1女9他)
佐 藤 かおる だいおーじょー (男1女3他)
柳 澤   学 四十七 (男1以上女6以上)
▽同人随想▽    
佐 々 俊 之 歌仙を巻く  
石 山 浩一郎 ちなみに河童の詩なら  
▽読後感▽    
きさらぎ  優 172号 読後感  
     
■No.174 (2004.春)
亀 尾 佳 宏 笛 男 ~フエオトコ~     (男5女1)
高 場 光 春 見えっぱり家族(ファミリー)        (男2女3)
青 木 尚 志 私の上に降る雪は        (男3女4)
植木○安行 7・7・15 (男2女5他)
(なな) (なな) (いちご-)
▽同人随想▽    
内 木 文 英 佐々俊之さんの死を悼む  
伊 藤 隆 弘 思い出すことども  
佐伯俊介先生を偲んで
▽読後感▽    
加 藤 逸 雄 173号 読後感  
     
■No.175 (2004.夏)
柏 木 康 博 三つの色の金平糖          (男1女7)
安 部 いさむ 最後の女性学            (女15)
& メビウスガールズ
大 島 英 夫 ヒロシのお花畑           (男2女1)
伊 藤 弘 成 SAKHALIN (男5女10)
▽同人随想▽    
森   一 生 危機感知能力の劣化 !  
浅 香 寿 穂 高校演劇のミーハー族  
▽読後感▽    
江 藤 志 津 174号 読後感  
     
■No.176(2004.徳島大会号)
田 村 恵 美 飛び人 ~とびびと~  
溝 口   勲 チキン・カレー  
大 垣 ヤスシ 超 正義のヒト  
田 上 二 郎 幽霊部員はここにいる  
岡 村 多佳子 I' S -アイズ-  
山内弘行+美鈴が丘 おばあちゃんのボタン  
高校演劇部構成 (梶矢文照作「手の中のボタン」より)
瀧   源 作 ライアー!ライアー!ライアー!  
田 上 二 郎 子供の子供と子供たち  
清 野 和 男+ 扉の向こうに  
東根工業高校演劇放送部  
及 川   亮 ロック  
+法政大学第二高校演劇部  
塚 原 政 司 てんぷら
(畠田恭子・塚原政司作「たんぽぽとかずのこ」より)
     
■No.177(2004.秋)
望 月   羚 S・O・S             (女2)
中 澤 武 志 ホネのある話          (男3女12)
谷 崎 淳 子 流れ星の上で          (男6女11)
窪   邦 雄 義経流浪 (男12女15)
-越中水橋天ヶ瀬伝説幻想-
▽同人随想▽    
大 垣 ヤスシ 鳴門とひなげしの花と一七才と渦潮  
阿 部   順 タイトルは苦手です  
▽読後感▽    
篠 崎 隆 雄 175号 読後感  
季刊「高校演劇」    掲載戯曲目録 3
目録1 ★1-65号 目録2 ★66-107号 目録3 ★108-177号
目録4 ★178号 -222 目録5 ★223号 -  
高校演劇劇作研究会 gekisakuken.com